もしかしてやまのなでしこ


プジョーに乗ってるみたい。
by yamanonadeshiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


作家やまのなでしこ

会社帰り、高校生を見ながらこう心の中で呟く。
若者よ、私は君達より出来る事は多いだろう。
しかし、君達は私より出来るかもしれない事が多すぎるのだ。
楽しく、有意義に生きてくれ。

 疲れた体を丸めながら、私は唯一の休息場であるバーに向かった。
地図にも無い、誰も知らない。そんな場所。
秘密のショットバー、
「ようこそバーへいらっしゃいどうぞ」だ。相変わらず店の名前がしつこい。

 店のドアを開けると、珍しく客がちらほら。

だが素人にこのバーはキツいだろう。

「マスター」
 店主が私に気づくより早く、客の声が届いた。
「ウォッカをソーダ割りで」
 あぁ、と私は苦笑いした。そんな頼み方じゃ通用しない。このバーは。
くるぞ、マスターのあれが。

「あのー、ウォッカをソーダ割りで」
「NO」

 出た。NOと言える日本人、ウエットティッシュ伊藤さんのNOだ。
私はやれやれといった感じで腰をおろした。


「マスター」
 私がウエットティッシュ伊藤さんを呼ぶと、
向こうもこっちに気づいたようで「おっ」と短く挨拶してくれた。

先ほどNOと言われた客も、私の注文を興味深く聞いていた。

「マスター、親指を深爪で」
「・・・・そうきたか。30年モノしかねぇぞ」
「願ったり叶ったりだね」

 マスターも多少苦笑いしながら、
   店の奥から大事そうな箱に入った酒を出してくれた。

「作るのに30年かかったよ・・・。これ」
「大事なもんを、悪いね」
「まぁ、大事な客には大事な酒を出すもんさ。
    30年っつっても、30年寝かせたのはこの容器の方だから」
「粋だねえマスター、で、中身は?」
「んー、ヤクルト」

 私は感極まって流れ出そうになる涙を堪えながら、ぐっと一息に飲み干した。
ヤクルトを。・・・・!?違う?これは・・・・ローリーエース!
「マスター、これ・・・」
「実は、あちらのお客さんからだ」
 マスターの指を指す方を見ると、トーテムポールが逆さまに立っていた。
意味は全く解からなかったが、かなり適当に流した。

 こうして大人2人の夜は、静かにふけていった。

「マスターも飲みなよ。おごるよ」
「NO」

 客はだいぶ前に全員帰った。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-11-27 19:44 | 日記

夕食の戦い

こんなこともありました。


「あっ! 虫がいる!!」





僕の一声でのんきな食卓は


戦場へと姿を変える。








ここでそれぞれのステータスを発表。








父  仕事中。ありがとう一家の大黒柱。





母  凄腕の害虫ハンター。輝かしい戦歴を持つ。





私  吟遊詩人。蛾は苦手。





姉  とっても大きな女子高生。もちろん虫は苦手。





兄  斬り込み隊長。と言っても、見つけるだけ。








みてのとおり


ここで害虫を駆除するのは


私か母親だけである。





ぴりぴりとした空気。





母親の目はもはや、いち主婦のそれではない。





どこだ・・・・・・、右?


イヤ、虫は光に集まるはずだ。





とすると・・・・・・。








「そこだーっ!」








その刹那


通販の洋服カタログが


敵との最短距離をとおり


床に叩きつけられた。





蛍光灯ではなかった。





してやったりの母親。





兄、姉の羨望の眼差し。





あらためて、その能力もさることながら


幾多の戦場で身に付けた


勘みたいなものに


私は、心からひれ伏すのであった。








「はい、さっさと食べちゃって」





凱旋パーティーになった夕食。





日本の母は、つよしである。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-11-26 22:25 | 日記

OB

とある居酒屋のトイレにあった貼り紙です。

b0037022_22265932.jpg




……男性ならきっと誰もが納得させられてしまう、すばらしい教訓です。

たまにコ汚いトイレですと、ありえない場所が濡れていたりして、わざとやってんのか?と問い詰めたくなります。やはりOBはいけませんね! 皆さんも気をつけましょう。


ところで、この「ベン・クレンショウ」なる人物は実在するのでしょうか。

トイレの貼り紙に「ベン・クレンショウ」なんて出来すぎだろう、と思って検索してみたら、本当にいました。しかもちゃんと(?)ゴルファーです。

僕が思っている以上に世の中ってステキばい!
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-11-22 22:27 | 日記

よいおとしを

あけまして豚肉。
b0037022_22155871.jpg


【国産純情豚】と書いてあります。超特価。


じゅ、純情豚。なんなんだろう。

好きな子に限って意地悪しちゃうような、尻尾かんだりしちゃうような豚なのか。

それとも、キラキラした瞳で人を信用し続けた豚なんだろか。

まさか自分が食用として育てられているとは夢にも思わずに・・・

だとしたら。だとしたら僕は、正直たまらないものがあるのです。



 ブーちゃん、ゴメンなぁ・・・。

 なにも知らんまま、肩スライスにしてもーて・・・。




 挙句、超特価で売ってもーて・・・。




たかが豚肉に激しく感情を揺さぶられる。

気がつくと箸でつまんだ豚肉をまじまじと見つめ、

深く考え込んでいる自分がおりました。純情って何だっけ?


大人になり、いつしか忘れてしまっていた胸を締め付けるようなトキメキ。

好きだったあの子に、うっすらとヒゲ(産毛)が生えていることに

気がついて以来、失ってしまったいたあの甘酸っぱい思い。


そういったものが、この豚を通して、一瞬ですが蘇ってきた気がしたです。




純情豚。

それは過ぎ去ったあの日の自分と、

もう一度向かい合わせてくれる魔法の豚なのではないでしょウメェー。

この豚、めっちゃウメーぞ?(欲望丸出しの薄汚れた大人の顔で)






===追伸===






 そんなわけで、もうすぐ今年も終わりですね。

こんな感じでまたチマチマと更新していきたいなぁと思っております。

来年もよろしくお願いしまふぎぃ。(鼻くそほじりながら。)
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-11-17 22:15 | 日記

やめられないとまらない

風呂場で桶に少しずつお湯を入れながら
ギリギリ溢れない境界線を見極めようと遊んでみました。

表面張力って見てて飽きない。

あと1滴。

もう1滴。

まだいけるか?1滴。

ポトッ。

ザァアアアー。(溢れる)

繰り返しやってると1時間って早い。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-11-17 00:53 | 日記

ジェネレーションギャップ

くそー!今日と言う今日まで、
うんこ座り=しゃがむスタイル
と言う方程式にジェネレーションギャップを抱いていました!

へへへ。そんな過去とは今日でおさらばさ……。
と言う訳で、正座しながらウンコしてみました。

洋式だとバランスを保つのが難しい。
このポイントさえクリア出来れば、
あとは両手を合わせて「足に付きませんよーに。」
と、ひたすらお願いするだけです。

やまのなでしこです。こんにちわ。


これからの僕は、うんこ座り=正座、と言う方向でかっこよく生きていきます。





おかあさん。今日も僕はキラキラしています。
とことん礼儀正しい男に育ちました。(キラキラ☆)
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-11-15 19:28 | 日記