もしかしてやまのなでしこ


プジョーに乗ってるみたい。
by yamanonadeshiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ベンキョウ

こんにちわ。久しぶりの更新です。
これだけ更新間隔が空いてしまうと、何だか物凄く照れくさいです。
あまりにも照れくさかったので、心を落ち着けるために胸に手を添え、
目を閉じ、口を閉じ、鼻をつまんだら窒息死しそうになりました。

えー、最近は何をしてるかと申しますと、
就職対策のために勉強をしているのです。が、全く思うようにできません。

例えばですね、



Q.株について簡潔に述べよ

A.わかりません。むしろ知りません(意味は同じです)。

いや、ちょっと待ってくださいよ!考えますよ!

えー、世間では『株』と申しますと少し敷居が高いような印象を受けますが、
実は簡単です。誰も知らないと思いますが、
全ては『株』という字に意味が隠されているのです。
漢字で考えると難しいですが、
ローマ字に置き換えてみると『kabu』となります。
そしてパズルのようにaとbを入れ替えると、『kbau』。

どうでしょうか・・・・・・

読むことすらできなくなっちゃいました!全然わかりません!

ぜんぶうそです。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-08-25 22:28 | 日記

マリオ

僕が小学生の頃、ちょうどファミコン全盛期。
思い起こすとそれは愉快な時代だったと思う。
 ”ファミコンを所持する”それはゲームという概念がすくなかった時代において
奇跡のようなことだった。

ファミコンを所持するクラスメートはそれだけで神と同格化され、
我々とは一線を画する存在にあった。
神の要求はファミコン亡者によってほぼ無条件で叶えられた。
休み時間などは神の周りに集うファミコン亡者の姿がよく見られた。

 そんなファミコン全盛期のなか、僕の最も愛したゲームが
マリオブラザーズである。それはもう狂ったようにマリオのことを考えていた。
初恋といってもいいくらいの勢いだった。

ある日、あんまりマリオのことばかり考えている自分に気づき、
ヒゲの親父に魅力を感じているのかもと不安を覚え、
カーネルサンダースを数十分ほど眺めたことがあったが、
苛立つばかりだったので、自分が魅力を感じているのは
ゲームとしてのマリオなのだと安心したことがある。
それほど僕は常にマリオのことばかりを考えていた。

 先日、そのことをふと思い出し、ひさしぶりにやってみた。
 茸を食べると巨大化するというのは不思議の国のアリスからきているのだろうか、
などと子供のころは気づかなかった発見がたくさんあり、
楽しい時間を過ごすことができた。

 ところで、どうしてもコインを百枚集めると1UPする、
というのは”命(身体)さえも金で買える時代になる!”
というメタファーだったのでは? と考えてしまう。
いつのまに僕は誤った方向にきてしまったのだろう。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-08-23 22:58 | 日記

これから必要なこと

先行き不安な社会、

経済もいまいち

これからの社会で生きていくことにおいて
僕は資格が必要だと思いました。

なのでとりあえず
「生きる資格」をとりたいとおもいます。

早く人間になりたいなぁ~
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-08-22 16:23 | 日記

コンビ二

どうもどうも。
すっかりこのブログの存在を忘れてました。
そんなお茶目なやまのなでしこです。

コンビニにて……


「温めて、くれるかなー?」
「はい。」




僕はてっきり「いいともー!」と元気良く応えてくれると思ってました。

非常に残念でなりません。

普通さぁ、こっちがさぁ、わざわざポケットから黒いサングラス出して
「温めてくれるかなー?」って聞いたら、言うでしょ、普通言うでしょ、
もう、がっかり。それにねぇ、コンビニってあれですか?
店員さんは「温めますか?」としか聞けないのですか?
聞いちゃいけないのですか?もっとこう、何て言うの?
たまにはさぁ、「ボーリングでフックボール投げれますか?」
とか聞いてきてくれたりしないの?困るけど。
いや、それは聞かれても、困るんですけどね…なんかもっと他にあるでしょ。
何とかならないものなのか!何で僕はこんなにムキになっているのだ!



と言う事で、本日の昼、「ならば逆に僕が言ってやる!」
と意気込んでコンビニのレジに並びました。



「こちらは温めますか?」

「い、いいとも……。」




うわ!これ以外と恥ずかしいのね!

自分でもビックリする位恥ずかしいのね!

うわ、どうしよう!この店員絶対、
今日仕事終わってから友人に電話して
「ちょっと聞いてくれよー、今日さぁ、変な客がいてよー、
俺が弁当温めますか?って聞いたら、いきなりいいともー!
とか軽くガッツポーズしながら言っちゃってさぁー、
そんで顔真っ赤になりながら、店員のフリして、
おでんの汁かき回したり、肉まん補充しだしたりする奴がいたんだよー!
ははは!」…なんて笑い話にされるんです!


そんな事してないのにー!もおおおおおー!(←牛です。)

ってなんだよ。うそばっかりじゃないかーーー!!!!
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-08-21 17:14 | 日記

思い出

こんにちわ。

えーと。道を歩いていてすれ違う人に突然
「あ。コロ助ですか?」って聞かれたんで、
なんとなく最近僕ってちょっとコロ助かな~?とか思ってたので、
「は、はい。コロ助です。」とか答えちゃいました。


僕が小学生のころせっかくの夏休みを利用しない手は無い!
と言う訳で隣の家の犬を連れて、勝手に散歩してました。


ここぞと言わんばかりに、
近所で一番の頑固親父の住む玄関の前でウンコをさせまくりました。

それだけじゃまだあの頑固親父をギャフンと言わせられないので、
ウンコの両横に、人の踏ん張った足跡と、
クシャクシャにしたティッシュを落としときました。

グッジョブ。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-08-08 20:39 | 日記