もしかしてやまのなでしこ


プジョーに乗ってるみたい。
by yamanonadeshiko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おぉ、ひえび~え!

あろは~。
やまのなでしこ vs メカやまのなでしこ のやまのなでしこっす。
最近寒さが骨にしみます。

今日は人間工学の被験者をやってまいりました。
体中にいろいろな器具を巻きつけて、なんか人造人間になった気分でした。
強くなった気分がしました。

測定したのは 心電図やらインピーダンスやら血圧やら脳波やらで、
なんか呼吸と心臓から送り出される血液量の関係がわかるらしいです。
おまけに呼吸の周波数までわかってしまいました。
話によると僕の呼吸の周波数は0.255Hzらしいです。
まぁそれがどぅ~なんかよくわからへんけど・・・。

それが終わったら今日は研究室のみなみなさまと鍋をしました。
しかもベランダで・・・ 寒かったです。鼻水が「たらりらりーん」
って感じでちょっと鍋がしょっぱく感じました。
 
今日の鍋のコンセプトは
・抗体の力を増加する
・伝説の第一歩
でした。
抗体の力を増加するというのは何でも適当に鍋に放り込んで、細かいことは
気にしないという感じです。

伝説の第一歩は、これからさきこのスープがだんだん改良されプロジェクトX
に取り上げられる原点になるものにするということです。

ナレーター 「はじめは失敗の連続だった・・・」
        「塩鮭を入れたらしょっぱすぎた・・・生鮭にするべきだった・・・」
        「焼きそばの麺ではなくちゃんぽんにするべきだった・・・」
  
てな具合です。

鍋にはいろいろなものが凝縮されてます。
アミラーゼやら豆腐の容器の破片やら・・・
鍋には人生そのものが詰まっているのです。。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2004-10-16 22:29 | 日記
<< おもいつきません にくにくしい >>