もしかしてやまのなでしこ


プジョーに乗ってるみたい。
by yamanonadeshiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

春が・・・

世間では春だなんだと騒いでいるが僕には一向に春が来ない。

1ヶ月程更新を滞らせていたわけであるが、まあ誰からも苦情が来ない。
途中から何故か意固地になってしまい
「更新しろや、コラ!的なメールが送られてきたら更新を再開する」
という訳のわからない自分ルールを設定したのであるが、
恐らくこのままだと向こう3年くらいは更新できないのではないかと考えたわけである。
3年も経ったらサイト削除されてしまうわ。

そこに訪れた一通のメール。

「こんにちは、なでしこさん、いつも楽しく拝見しています」

そんな一文から始まったメール。これには流石に嬉しさを隠し切れない。
一人でも読んでくれている人がいるとわかれば僕のやる気も断然違うのである。

「更新をしておられないようですがお忙しいのでしょうか?」

こういう風に人を思いやれる気持ちを持ちなさいと僕も両親から
耳にタコができるほど言われたものである。
「情けは人の為ならず」という言葉があるように
思いやりや情けというものは人に与えることで自分にも与えてもらえる、
情けをかけるということは人のためだけでなく自分のためにもなる行ないである
という高尚な教えにもあるように大切なことである。僕は胸が熱くなった。

「ご無理をなさらないように、更新を心待ちにしております」

僕の涙腺から溢れ出んばかりの涙。
そう僕はこの瞬間を待っていた。最後の一文を見るまでは。

「なでしこより」

バカ。

自分で自分に送ったメールを人から届いたと思い込み
感動に打ち震えながら読んでいたのである。
これは4月バカを通り越して4月ボケである。

というネタを考えていたアフタヌーン。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2006-04-29 11:27 | 日記
<< strong 一休さん >>