もしかしてやまのなでしこ


プジョーに乗ってるみたい。
by yamanonadeshiko
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

勉強

「鬼に金棒」

-----ただでさえ強いものに、更に強い物を加える事。

と言う意味だそうですが、これは、まあ解かりますよ。
鬼に金棒を持たせたら、それは強いだろうなぁ。
と言う事を容易に想像できますから。

では、このただでさえ強い鬼に、金棒ではない違う物を加えてみると、
どうなるのか。
これを考えます。みなさんはいいです。僕が考えますから。


たとえば、大型バス。鬼に大型バス。
これは金棒よりも遥かに強いと言えるのではないでしょうか。
当然、鬼はその体の大きさからするとバスに乗る事は出来ません。
となると、彼ら鬼は、この大型バスを投げてきます。
投げては小走りで拾い、拾っては投げ、これを飽きるまで続けます。
つまり、金棒では得られなかった遠隔攻撃、これを実現してしまうのです。
ひどい話だ。

では、逆にランニングシャツ。鬼にランニングシャツ。
これはどうなんでしょうか…。その突起した乳首の形を
恥かしそうに手で覆い隠す鬼。その手を強引に剥がそうとすると
「だぁーめぇ」等と、語尾上がりの可愛い声を出す姿は、
ちょっと可愛いんじゃないでしょうか。
あ、ちょっと、なんか、可愛いじゃん。とか若者も言うのではないでしょうか。
という訳でこの辺りから何を言っているのか自分でも
解からなくなって参りました。そんな自分自身に嫌気がさし、
僕は今、必死に自分の舌をぎゅーっと噛んでおります。

その時の顔を鏡で見て、
「こう言う顔も……可愛いなぁ。」と思いました。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2005-06-30 09:41 | 日記
<< どうしようか? 求めるもの! >>