もしかしてやまのなでしこ


プジョーに乗ってるみたい。
by yamanonadeshiko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

あっ、思い出した。

青春時代の揺れる心情を繊細に表現する詩人、やまのなでしこです。

・・・ごめんなさい。いいすぎました。


小学生たちが妙にぎゃあぎゃあ騒いでいると思ったら、
その中の一人が誤って犬のウンコを踏んでしまったらしく、
周りの友達から、

「うわー!!エンガチョ!エンガチョ!」

とはやし立てられていました。
既に半泣きのその子はよほど悔しかったのか、
逆上し、一番近くにいた男の子の服に
足の裏のウンコをベットリつけてしまいました。

しかし・・・
この時、服をウンコまみれにされた方の男の子の態度が素晴らしかったんです。
彼は中指とひとさし指を交差させたまま、き然としてこう言い放ちました。


「俺、バリヤー張ってるから、汚くないもん」

やまのなでしこ少年9歳。

あの時はうんこをつけてごめんなさい。
今でも仲のいい友達です。
[PR]

by yamanonadeshiko | 2004-12-02 12:15 | 日記
<< あっ、 やさしさ >>